【のぼうの城】あらすじ&ネタバレ!噂のあのシーンの口コミ感想

スポンサードリンク

 

のぼうの城のあらすじ!ネタバレ&口コミ評価

のぼうの城 あらすじ ネタバレ

 

今回は、戦国時代を描いた人気作品『のぼうの城』の紹介です!!

 

色鮮やかな個性の強い俳優陣が、豊臣秀吉と北条家の戦いの様をリアルに演じている作品です。
野村萬斎の、のぼう様のハマリ役具合はそれこそ天下一品!!

 


のぼうの城のあらすじ・ストーリー

戦国末期。

 

天下統一を目前に控えた豊臣秀吉(市村正親)は、

最後の敵、北条家に大群を投じていた。

 

周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に対し、

秀吉は2万の軍勢で落とすよう、寵愛の家臣・石田三成(上地雄輔)に命じる。

 

忍城の侍たちに緊張が走る中、農民や子供たちと楽しそうに戯れる侍、

成田長親(野村萬斎)がいた。

 

城主・成田氏長(西村雅彦)の従弟で、

智も仁も勇もないが人気だけはある不思議な男。

 

領民からは“でくのぼう”を意味する

“のぼう様”の愛称で呼ばれ、皆に慕われていた。

 

そんな長親に密かに想いを寄せる城主の娘、甲斐姫(榮倉奈々)。

 

長親の幼馴染で歴戦の強者、丹波(佐藤浩市)。

 

その丹波をライバル視する豪傑・豪腕の和泉(山口智充)。

 

戦の経験は無いが“軍略の天才”を自称する靭負(成宮寛貴)。

 

緊迫する仲間たちを前に、長親は呑気なことを言って皆を唖然とさせるが、

ある日、天下軍が遂に忍城を包囲する。

 

成田氏長は「秀吉軍とは一戦も交えずに速やかに開城せよ」との言葉を残し、

長親に城を任せ、既に小田原に向かっていた。

 

忍城の500人の軍勢では2万の大軍相手に戦っても勝ち目はない。

 

やむなく開城することを決意する長親たちだったが、

天下軍の威を借り、なめきった態度を取る長束正家(平岳大)と対面した長親は、

一転戦うことを決意。

 

長親のその強い決意に導かれるように、

丹波をはじめとする武将たちや普段から長親を慕う百姓たちも立ち上がる。

 

それは、戦によって名を挙げることに闘志を燃やす三成の思う壺であったが、

秀吉に三成を支えるよう命を受けた盟友・大谷吉継(山田孝之)だけは、

忍城軍のあり得ない士気の高さに警戒心を抱く。

 

忍城軍は襲いくる大軍を前に、農民や老兵までが侍に劣らぬ活躍を見せ、

地の利を生かし、騎馬鉄砲や火攻めなど多彩な戦術で天下軍を退けていく。

 

想像を超える忍城軍の奮闘ぶりに三成は、城の周辺に巨大な人工の堤を築き、

それを決壊させる“水攻め”を決断。

 

濁流が流れ出し、領民たちは高台にある忍城本丸に必死に逃げ込む。

 

このままでは本丸が沈むのも時間の問題。だが、忍城軍が絶望に包まれる中、

長親はただ一人で武器も持たずに小舟で三成が築いた堤へと向かっていくのだった…。

 

予告動画

 

のぼうの城 映画解説


戦国末期、豊臣秀吉、石田三成の2万の軍勢に屈せず、たった500の兵で抗戦し勝利した実在の武将─天下統一目前の豊臣秀吉にケンカを売った“のぼう様”こと成田長親の姿を描く。脚本は、第29回城戸賞を受賞した和田竜のオリジナル。自身が書き下ろした小説は直木賞候補となり、累計165万部突破の大ベストセラーとなった。才能も勇気もないがなぜか人気はあり、領民の心を掌握した主人公の魅力的なキャラクター(野村萬斎が“飄々と”熱演)を描いたドラマ部分と、豊臣・石田軍による水攻めシーンのスペクタクルが融合した本作は、犬童一心監督と樋口真嗣監督という二大監督それぞれの持ち味が十二分に発揮された作品だ。

 

出演・キャスト

出演者

成田長親

野村萬斎

甲斐姫

榮倉奈々

酒巻靭負

成宮寛貴

柴崎和泉守

山口智充

石田三成

上地雄輔

大谷吉継

山田孝之

長束正家

平岳大

成田氏長

西村雅彦

成田泰季

平泉成

和尚

夏八木勲

北条氏政

中原丈雄

鈴木保奈美

たへえ

前田吟

かぞう

中尾明慶

ちよ

尾野真千子

ちどり

芦田愛菜

豊臣秀吉

市村正親

正木丹波守利英

佐藤浩市

 

ネタバレ・口コミ評価

 

映画館へ見にいこうか迷っていた作品でしたが、見に行くことにしました。 結果としてはとても良かったです!
作品の雰囲気もとてもいいですし、楽しめましたね。
「のぼう様」役の野村萬斉さんがハマり役でとても良かったですね。 さすが、狂言をやっておられるだけのことはあります。

 

石田三成役の上地雄輔さんも思ったより良かったです。 どうもバラエティのイメージが強い方ですが、しっかりと演じていらっしゃいましたよ!

 

 

公開予定が遅れた原因になったという水攻めのシーン。 大震災の津波を思いだすとのことでしたが、確かにそのような感じでしたね。
迫力もありましたし、延期になったのもわかります。
延期前は人が水に飲まれていくシーンがあったようですが、さすがに修正されていました。

 

以外だったのが上地雄輔ですね。 イメージとは随分違って、さすがは俳優だと思いました。
しっかりと役を演じていましたよ。
あとは良くも悪くも芦田愛菜ちゃんが目立った印象はあります。 ちょっと、浮いていたかな?という感じです。

 

 

とてもよい作品だと思います。 原作に忠実でおかしな演出もなかったので、楽しめました。
戦うシーンも迫力があって面白かったです。 ちょっと残酷なシーンもありましたが、それもよかったですね。
あまり期待はしていなかったのですが、見て良かったと思った作品でした。

スポンサードリンク

 

【のぼうの城】あらすじ&ネタバレ!噂のあのシーンの口コミ感想関連ページ

映画 任侠ヘルパー
映画任侠ヘルパーの映画あらすじネタバレ口コミ評価をご紹介!草なぎ剛の普段とは違う渋い顔に注目!!

スポンサードリンク